園内研修

先日、こどもの保健について園内研修を行いました。
テーマは「乳幼児のけいれん、ひきつけ」について。

症状の特徴は、全身が硬直して、ガタガタと震え出すものです。その状態が数分間続き、意識を失う場合もあります。

よくあるのは、大泣きしたときに無呼吸になり酸素が不足してしまう「泣き入りけいれん」と、風邪や感染症などで熱が急激に上がった時に起こる「熱性けいれん」です。

赤ちゃんがひきつけを起こしたときの対処法としては、
①のどを詰まらせないために服をゆるめて横向きに寝かせる
②けいれんの時間をはかる
③熱性けいれんの可能性をみるため、熱を計る
④けいれん以外の可能性をみるため、けいれんが治まったら全身をチェックする

やってはいけないことは、大声で叫んだり体を揺さぶること。
ついやってしまいがちですが、冷静な対処を心掛けたいところです。

また、緊急時の救急車の呼び方と動きも確認しました。

緊急時ほど落ち着いて行動できるよう、職員も子どもたちも、日頃の防災訓練など、しっかりやっていきたいです。

松田

9月お誕生日会

 

DSCF1653

 

 

今日は9月のお誕生日会がありました。

 

今月は4人のお友達が主役です!

どきどき緊張しながらも「5歳になりました!!」元気よく発表してくれる子、

「2さい・・・」とピースサインで教えてくれる子、立派に自己紹介を頑張ってくれました。

 

前に立つ子ども達を見ると、それぞれの成長を改めて実感します。

一年に一回の誕生日会、思い出に残るものとなってくれていたら嬉しいです。

 

これからもいっぱい食べて、たくさん遊んで

もっともっと大きくな~れ!!

 

 

阿部

 

☆お月見集会☆

大きい組でお月見集会を行いました。

なぜ、すすきや果物をおそなえするのかどうして団子を食べるのかクイズにしながら最後まで聞いていた子ども達(^^)

ぶたさんの物語をパネルシアターにしてお話しました。ぶたさんの家族がでると「おばあちゃんだ!」「おかあさんエプロンしてる♪」と楽しみながら見ていました!夜はきれいなお月さまをみてお団子食べたかな?子ども達からお話を聞くのが楽しみです☆

DSCF1575

三瓶

 

 

 

 

過去の記事へ >>