小さい組さんの大きな意欲

大きい組さんが誕生会の飾り付けに一生懸命に取り組んでいる様子を
目を輝かせて見ている小さい組さん。
憧れの気持ちが、”やってみたい、真似をしたい”という意欲に変わった瞬間、
輝いていた目をさらに輝かせ、
「やりたい!!」と言葉にしてくれます。

そんな時は、意欲を認め
出来なくても挑戦する気持ちを大事にしています。
結果が大事なわけではないので、子どものプロセスを大事にして
口出しは最小限です。

輪つなぎ

やってみたい!!の意欲は大歓迎です。

池上彰さんが「飛行機はどうして飛ぶことができるのか?」を教えてくれるテレビ番組の中で
飛行機事故についての話がありました。
飛行事故の中で一番多い原因は、ヒューマンエラーだという内容の番組でした。
保育園の事故にも、職員が原因の事故が多く報道されるようになりました。
そういった事故を防ぐ為にも、日頃から情報収集と職員同士の共通理解をしています。
こどもをおんぶする時に、子どもを落下させてしまった事故や、
背負った後に落下させてしまう事故が
保育園だけではなく
家庭でもあるようです。
そういったところから、おんぶの際には細心の注意を払っています。
散歩の際も四方八方に気を配り、万全の体制で歩いています。
最近の職員会議は、安心・安全・清潔を議題にすることが多くなりました。

星の子

11月の誕生会を前に
折り紙製作を得意としている年長さんが
「そうだ、友達をお祝いするために何か作ろう。」とカラトリーホルダーと星の子を作ってくれました。
星の子
お皿の上で可愛く踊る星の子です。

それぞれが輝ける場所を見つけて、そこで頑張っていると
嬉しくなります。