色とりどりヒヤシンス

年長さんの女の子たちに
「赤ちゃんはね、いないいないばあをしただけで
 いっぱい笑うんだよ。見ててね。」と赤ちゃんにいないいないばあをして見せた途端、
「あっははははー。」赤ちゃんの声ではない大きな笑い声。
とともに聞こえた
「私たちが笑っちゃった。」と年長さんの女の子たちの声。

まだまだ、いないいないばあで笑える女の子たちでした。
女の子たち、愛嬌があっておもしろい。

ヒヤシンス

ヒヤシンスを育てた大きい組さん。
うるさく育て方を言わなくても、自分たちで図鑑をみて調べて
育ててくれました。年長さんから年中さん、年少さんへときちんと育て方を伝授していて感心しました。
毎日水やりを忘れないような工夫、日光が当たる場所探し、
合理的に水やりをするにはどうしたらいいのか考え、実行に移す。
花に語りかける姿。
ヒヤシンスを大事に育てようとする子どもたちの姿を、
とにかくうるさく何も言わずに見守ってきました。

紫、ピンク、赤色と次々に花が開いているヒヤシンス。

言われて育てるのと、自分たちから進んでするのとは
大きな違いがありますね。