今年最後の登園日を迎えて

12月25日は、ドレミ保育園のクリスマス会でした。

DSCF2170サンタ

お手伝いに来て下さった保護者の皆様、温かく穏やかなクリスマス会にして下さって本当にありがとうございました。

この日のために準備をしてきた子ども達、温かいまなざしの中で十分に力を発揮していましたね。
ちょっと前は、恥ずかしさからふざけてしまったり…なんて姿が愛らしかったのに、
クリスマス会では、しっかりと前に立ち表情豊かに歌ってくれました。

赤い服を着たサンタさんの登場に歓喜の声をあげて喜ぶ子ども達。
サンタさんと一緒に踊って歌って
プレゼントをもらって、楽しい思い出になったでしょうね。

クリスマス会が終わった後、
「園のサンタさん、若かったよね。」とつぶやいていた子ども達が印象的でした。仮装道具が足りなくてすみません。

クリスマス会の直前、体調を崩す職員がおり開催が危ぶまれましたが、無事にクリスマス会をすることが出来ました。
新人保育士さん、何事もなかったように会を仕切ってくれて、安心して見ていられました。
クリスマス会までの限られた時間、通常の仕事とクリスマス会の準備とに追われている中、協力しながら連日遅くまで作業をしてくれて
ご苦労さまでした。
明日からのゆっくり休んで下さいね。

今日は今年最後の登園日です。
今年最後の日、引っ越しのため遠くの保育園へ転園した友達が遊びに来てくれ、一年の締めくくり最高の日となりました。
みんなで真っ黒になった泥遊び、英語教室やサッカー教室など、思い出に残っているようで
時々思い出してくれているとか。
一番嬉しかったのは、日々の子育てに追われながらも充実した日々を過ごしてる様子がお母さんの表情からうかがえ、
キラキラと輝いていたことでした。すごく嬉しくて思わず涙がこぼれてしまいました。
また遊びに来て下さいね!!

今年一年、多くの方に支えて頂きながら
馬見ヶ崎のこの場所で、何事もなく元気に過ごす事が出来ました。本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
良い年をお迎え下さい。

木村