避難訓練

先々週、二日に渡って、避難訓練をしました。

どうして二日に渡ったかというと、

台所が火事になった設定の訓練。
なんと、台所前で遊んでいた子どもたちを残して、
職員が先に外へ逃げてしまったという大失態。
冷静沈着な職員一人が、子どもたちを一人で誘導してくれました。
こんな訓練では意味がない。
本当の火事だったら、どうなっていたことか。

ということで、異例のやり直し訓練を行いました。
常に冷静。
大事なことですよね。

自然

朝、登園するとすぐに
「ザリガニをつかまえる罠を仕掛けてきたよ。」と教えてくれて子がいました、
登園前に、ペットボトルを使って
ザリガニを捕まえる仕掛けを作ってきたのだそう。

自然の中で伸び伸びと遊んでいる子どもの様子を思い浮かべて
私も心がワクワクしました。
ザリガニ捕まえに成功したようで、次の日に
仕掛けの様子を丁寧に教えてくれました。

こういう事が楽しめるのも
こども時代ですよね。

きっと今虫捕まえに夢中になったことを
今度は自分の子どもたちに受け継いでいくのでしょうね。
その将来に今の自然が残っていてくれますように。

度胸

大きい組さんが、大縄跳びをしていました。
「最後に挑戦したい人?」の担任の声に
「女の子だけでする!」と元気の良い声が。
この女の子の挑戦に
「度胸があるなぁ」と感心している男の子たち。

おい、男の子たち。
感心していないで、頑張んなさい!!!

時代をうつす一幕 でした。

過去の記事へ >>