取り組み

hp_img006

教育方針
個性を大事にしながら、集団での約束、決まりを守れるようにする。
一人ひとりに参加意識、学習意識が芽生えるように少人数教育にこだわります。

特色とカリキュラム
自分とは違う個性の人とも関係が築けるように
ドレミ保育園ではサッカーと英語の教室から学んでいます。

《サッカー教室》
個人を大切にしながら、集団の大切を肌で感じてもらっています。

hp_img008

《英語》
肌の色や話す言葉が違う人とも関係が築ける人に成長するように。
感性が豊かなこの時期だからこそ、本物の英語に触れ
感覚で英語を習得する事をねらいとしています。

hp_img002

《畑、花壇作りと世話》
野菜への興味はもちろん、毎日世話をすることで知り得る知識と
自然からの環境認識を学ぶことを目的としています。
水を与えなければ枯れてしまう事、集まる虫から命の大切さを感じる。
また、色鮮やかに咲く花や葉から、色彩感覚、触感などを通し、五感を育みます。
大人から教え込まれる五感ではなく自ら感じとり五感を育ててあげたいです。
豊かな感性をここから磨いて欲しいと思います。
絵画や工作などにつながる技術的な事を教え込むまえに
豊かな感性を磨くことが先に必要な事だと感じます。

hp_img010

《泥遊び》
ドレミ保育園では、自分の足で立って歩けるようになったら
泥遊びを楽しみます。
泥汚れを気にすることなく、思う存分遊び込んで欲しいと願います。
キラキラ光るまん丸い作り込んだ泥団子から、大きな可能性を感じ取る事が出来ます。

hp_img009

《異年齢保育・子ども対子ども》
少子化の中で、子ども社会の経験が現代では不足していると感じます。
存分に子ども社会が経験できるよう異年齢保育をしております。

《食育》
日本の食文化と食材の本来の味を大切に
ドレミ保育園では手作りにこだわっています。
毎日の給食とおやつを大事な食育に時間と捉えています。
調味料は無添加のもの、食塩は海塩水、砂糖はサトウキビ糖を使用。
薄味の和食中心のメニューです。
子どもが嫌いな野菜を細かく刻んで他の食材に入れる細工はせずに
本来の味を楽しめる工夫作りをしています。

hp_img007